火葬 費用 補助

火葬費用 補助

read

火葬だけの直葬を行った場合でも葬儀費用の補助金制度を条件を満たしていれば受けられます。

葬祭費補助金制度と言います。

葬祭費補助制度

葬祭費補助金制度は国や地方自治体から受けられるケースと、企業や団体から受けられるケースがあります。

国民年金の死亡一時金

国民年金保険料を3年以上納め、老齢基礎年金や障害基礎年金のどちらも一度も受け取っていないことが条件で、国民年金の死亡一時金を受けられます。

手続き先は亡くなった人の住所地の国民年金課です。

市役所や区役所で問い合わせをすれば手続き方法を指示してくれます。

死亡から2年以内であれば申請可能です。

東京都の例

東京都23区は7万円

東京都下は概ね5万円となっています。

金額は変動しますので、都度国民年金課へお問い合わせください。

健康保険加入者の埋葬料請求

企業や団体の健康保険組合に加入していた場合、葬儀費用の補助として5万円支給されます。

亡くなった方が所属していた健康保険組合や社会保険事務所に連絡を入れて手続きをします。

分からない時は、所属していた企業に問い合わせると繋ぎ合わせてくれると思います。

こちらも死亡から2年以内であれば申請可能です。

生活保護受給対象者が死亡した場合

亡くなった方が生活保護受給者、もしくは申請者が生活保護受給者の場合は、市町村から助成金が支給されます。

例;一般成人20万前後。子供の場合16万前後。

支給される額は市町村によって変わります。

生活保護の受付でご確認ください。 生活保護法

注意点

例えば直葬を10万円で行い、助成金を20万貰うことなどは出来ません。必要最低限の金額の助成金となります。

詳しくは生活保護法の第18条をご確認ください。

solar5

葬儀レビ