火葬許可証

火葬許可証と死亡届

ご遺体を火葬するには役所へ死亡を届け出る必要があります。

死亡を届け出ると、役所から火葬の許可がおります。

ただし、火葬許可はご臨終後、24時間経過していないと出ません。

procedure_img01

火葬許可証の発行

病院で亡くなった場合

医師から死亡診断書を受け取ります。

その死亡診断書を持参して役所で必要な項目に記入後、死亡届と死亡診断書を提出します。

そして、火葬許可証を受け取ります。

 

ご自宅で亡くなった場合

ご自宅で亡くなった場合は、かかりつけ医がいて自宅療養をしているのであれば連絡をとり死亡確認をして貰う必要があります。

そうでない場合は、救急車をまず呼びます。

救急車がきて死亡が確認されると、監察医や警察委託の医師が検視します。

 

病院で亡くなった場合と自宅で亡くなった場合では手順が異なるので注意が必要です。

 

 

火葬許可証と火葬証明書

火葬許可証は上記の通り、火葬を行う際に必要な書類です。

この書類がないと火葬場では受理してくれず、火葬を行えません。

こちらはコピーをとっておくと、葬儀後に何かと便利です。

 

火葬証明書は滞りなく火葬が終わりましたという証明書になります。

これは、納骨などの際に必要な書類です。

本証明書は渡さずに、提出が必要な時はコピーを渡しましょう。

kasyomei-1