コンテンツへスキップ

きっぱりと規定がない『家族葬』という名詞ですが、主として家族や友人、親しい方をまとめ役とした少数でのお葬式の題して抜擢されています。
民衆的に小生は『法事』と呼んでいますが、きっちり言うと、坊主に読経をあげて頂くところを「法要」と呼んでおり、法要と宴会の席もすべて含んだ行事を『法事』と指しているそうです。
昨今は通夜式・告別式を行わず直で火葬場でご遺体を納骨をやる『直葬』を敢行する遺族が増加中です。
昔は遺族の人で施工することが普遍的だった普遍的だった遺品整理ですが、超多忙だったり、遺品整理する場所が僻地だったり、遺族の力では賄えないのが現状です。
葬儀屋と言うのは葬儀になくてはならない支度を所得し葬儀を執り行う役目を、担う仕事を行う会社で、葬儀を行う商売や、その事に就業する人々の事を指します。

同居している父がいつしか一人で徐に散歩に外出して毎回お葬式やお墓関連のチラシを貰って帰り楽しそうに語っていました。
葬儀は各プランによってコストやスペックが非常に違ってくるだけに事前に青森の、葬儀の概要を知っていれば、悔いが残らない、葬式を行うことが可能です。
今日まで仏事業界を斡旋に寺院と民間人は紙一重で接点を持ってきたが、その葬儀式においても、宗教儀式離れが始まった。
お葬式セミナーや終活情報セミナーや斎場見学会などを行っているわけですから、第一はそういうのに参加するのを導いています。
葬儀や仏事・祭事などでお礼を包みますが布施を包む手順や表書きの書く手順など習わしはありますか?

素晴らしいお葬式とはお見送りに集中できる葬儀のことでスムーズに葬式を終わらせることができ、きちんとサヨナラすることが、良い葬儀だと言えるんじゃないでしょうか。
施設で死んだケースでは霊安室からいち早く移動を押し付けられる場合も多く、迎えの車を準備する入用です。
こんな感じに最大の方を失った肉親、に関しては、周りの、見知り合いが、経済の事情を、援助、してみる。
菩薩の教えを伝聞して常日頃の難問を対応したり、幸せを願って祈る、そして、聖人を通じて祖先のお詣りをするのが仏壇の役目です。
この他葬儀会館への宿泊が容易ではないとき、地方からの参加者の民宿の手配をしたり、貸衣装や色直しなど、葬儀では様々な想定外の事象があります。

家族葬フェアや終活セミナーや会場見学会などをしているから、さしあたってそれらに顔を出すことを工作しています。
過去では通夜は故人の近しい人たちが夜の目も寝ずに故人の傍にいてのが通常でしたが、近年は参列者をお呼びして通夜を執り行い、数時間で閉式するのが普通です。
終活と言われるのは残りの暮らしを『どんな風に生きたいか』といった願望を成熟すること、シンプルライフのエンディングに向かって行動的に用意することで、麗しく暮らす動きです。
遺族の希望を叶えてくれるというのは要は業者本意ではない葬儀社に違いありませんしそのような葬儀社は、たぶん、違った部分も。申し分ないと感じます。
一例とすればお葬式の会場に関しても最高のホテルの式場が良いという希望もあれば、寺院の荘厳な情景の中で、お見送りしたいという家族もいらっしゃると思います。

祭事を不都合なく行うためにはご遺族と葬儀社との信頼感も大事になりますので不安に思われることでも、お聞き合わせください。
地元密着が伝統的だという葬儀屋が多かったようですが現在では花祭壇や家族葬プランが得意な葬儀社など、持ち味をいかした、葬儀社も登場しています。
同居の父が一人でとある日にふらっと散策に出掛けて定期的にお葬式やお墓関連のチラシを貰って帰り内容を詳しく話してくれました。
今まで冠婚葬祭業界を仲立にお寺と大衆は何とか繋がりを持ってきたが、そのお葬式においても、坊主離れが始まった。
子供や大切な人への希望を伝達するノートとして、この上己のための検討総括手記として、年齢に縛られず遠慮なく筆を進める事が可能な、老後生活の中でもありがたいノートです。

一般的に手前は『法事』と言うそうですが、基本的に言うと、住職に仏典をあげてもらう点を「法要」と言っていますので、法事と宴席も含んだ行事を『法事』と言っています。
今日では斎場とも言われるがそもそも祭祀儀礼を進行する場所および、祭祀儀礼を開く建物全般を指す言い方であり、通夜・葬儀告別式を行う会場で斎場と言うことが多いようですね。
若いころお父ちゃんを遺失したので仏事は弱くて、逆に相談できる親族もいないため、五十回忌といってもどうやればいいのか分かっていないのです。
家族葬儀の具体的イメージとして自分は『家族だけの祭事』『遺族と友人だけの葬式が多数派で、家族葬儀のゾーンにに立ち入る理解も様々と言われています。
仏は趣味は海釣りだったという話を聞いていたから旦那さまのために釣りのイメージで飾りを、ご提言しました。

喪家と呼ばれるのはご不幸のあった家の人達を意味する言葉で喪中の家族を東日本では『葬家』という事も多く喪家は関西界隈を主体として、導入される、傾向にあると言えます。
『終活』と言われるのは読んだ通り一生涯の終わる方法論であり、ラストライフを更に良いものにすべくその前に手回ししていようというような活動です。
一日葬とは本当は前日に通夜の仏事を行い、翌日に葬儀と二日またぎで取り仕切られるお葬式を、通夜を仕切らない一日で完工する葬儀のケースです。
コネのある住職が知らない、私の一家の宗旨宗派が認識がない方は、ひとまず親族や田舎の人に聞くのが良いでしょう。
近頃は通夜式・告別式を執り行わないダイレクトに火葬場でお骨を納骨を実践する『直葬』を強行する遺族が増えています。

自分中心に考えて苦しみ多き生涯を苦しみ戸惑いとわからずに生活するという事実から、今の不安に、負けないという意図に、多々見られます。
満足できるお葬式だったと思えるように漠然としていて問題ないのでこのような葬儀にしてほしいなぁ、といった予備知識を、持っていることが大切です。
近年僧侶は葬儀式や仏事でお経を読む人という感じがしますが、大体仏教者とはお釈迦様の経典や、仏教を原則的に伝わるように、届けるのが使命なのです。
長い年数お参りされていた仏壇にはキズや汚れの張り付き木地の傷み金具の劣化、彫刻の損傷金箔のめくれ、等にて、見た目が低下します。
葬儀と告別式とは本来分けて考えるもので仏教の考えのお葬式では先ず初めに僧侶による読経など行い、そのあとに告別式、主にご家族ご親族が亡くなられた方をお見送りする会が、施されています。

家族の希望を映し出してくれるという点は例を出せばご家族本位である葬儀社に違いありませんしそんな葬儀屋さんは、疑いなく、これ以外の要素も。優れていると言っていいでしょう。
自分の葬式や葬送の手法について生前から決めておく事を望む方奥様と話し合ったりエンディングノートに書く風潮も起きています。
以前は墓石というと不気味な思案があったが、現在は公園墓地みたいな明々な墓園が中心です。
家族葬の感覚として自分は『ご遺族だけの祭儀』『家族と友人だけの仏事』が過半数で家族葬儀の専門部にに連携する解釈も違うそうです。
普通の参列者はご家族の後ろ側に座り訪ねてきた順にご遺族の背中側に座って、くださると、負担なく誘導できます。

女房の父母は浄土宗で位牌を受託するのですが、吾輩の生活する周辺には臨済宗の本坊がないはずです。
従来親族の人で強行することが民衆的だった一般だった遺品整理ですが、多事多忙だったり、遺品整理する場所が遠距離だったり、近しい人では行えないのが現実です。
祭祀は度々実現することではないので、把握している葬儀社がが少なくて病院が仲介した葬儀屋に採用する事があり得ます。
火葬にあたる職業従事者は明治から僧侶が人々の中に入り込み道の隅に放置された死体を集め、供養して火葬したことがはじめとして、『オン坊』と称されるようになったのだろう。
思い出スペースに足を運んだ列席者の人々が酒好みの○○さんはとことん飲んでいたなぁ、と語られるのをきいて、ご家族は驚きました。

現今では通夜・告別式をしないで直で火葬場でご遺体を納骨をやる『直葬』を実践する家族が増えています。
鮮魚や野菜とは反してピーク時があるものとは違い一切目を通さないでとやかく考え込むより、こういう風に実物をご覧になって、ご自身の好きなカラーや、石肌石目を見出してください。
そのうえお墓の形も近年では豊富で今までは決まった形のものでしたが最近は和風洋風色々な、墓石が多くみられますし、自分の思い通りの形状にする方も、多数おられます。
子供や大切な人への心の声を告知する帳面として、それから自己のための記憶清算手記として、年代に縛られず気楽に文筆することが出来る、庶民生活の中でも使いやすいメモです。
宗教者とかかわりがなく葬儀式の時に葬儀屋に宗教者を斡旋して頂く場合は、お布施を何ぼほど包めば良いのか不透明なので、リスクを抱く者も多いことでしょう。

生野区 葬儀

喪家と言うものはご不幸のあった家族を指す言葉で喪中の家を東日本では『葬家』を使用することも多く喪家は関西エリアを主体として、用いられる、ことが大概です。
家族葬儀の具体的イメージとして自分は『家族だけの祭事』『家族と親しい人だけの葬儀式』が大半のイメージで、家族葬儀の境域にに結びつく印象も各自だそうです。
満中陰の忌明けまで用いることが当然にてお通夜とか葬儀に参列出来なかった知り合いが、手を合わせに訪れたケースでは、後飾り祭壇でお線香をあげてもらいます。
しかしながら今時は火葬のみや家族葬を選択する家族が増加してきましたので最後は一番落ち着ける場所でと、自宅を希望される人も増加中です。
この法要は法要式場の手配や本位牌の手続きなど準備を事前にすることが多く、(いつまでに何をすべきか)十分に現状把握しておく必要が大事です。

葬儀のパターンや執り行うべき点などは葬儀屋がアドバイスしてくれますし喪主のお礼の言葉もテンプレートが用意していますから、そこにプラスして家族の思いを付け加えて喪主挨拶にすれば良いのです。
通常なら亡くなった人に交付される呼び方とは違い、仏道修行で修練した、出家者に与えられるものでしたが、ここ数年、所定の儀式などを、実感した普通の人にも、渡されるようになっています。
並びに想像以上にケースでは生前に打ち合わせを、していた葬儀会社に葬儀を託すことが出来るから、予定通りと感じた時も柔らかに対策することが出来るのです。
仏の経典を介して常日頃のトラブルを排除したり、幸せを望む、あるいは、如来を通してご先祖様の供養をするのが仏壇の値打ちです。
二世帯住宅で同居の父がある日突然一人で徐に散歩に外出して毎度毎度葬儀・お墓・永代供養などのチラシを持って帰ってきて内容を楽しそうに説明してくれました。

それ相当のお葬式を行うならばやっぱり考えている以上に請求されても仕方ないですが、色々考慮すれば、概略100万は、食い止めることが可能です。
別れのタイムはご一同様により故人と一緒にお好きな花などを供えて、死者とのエンディングの別れをしてもらい、火葬場へ出かけます。
四十九日の時とは違って日がたっても残るもので結構でしょうし地域の仕来り等によっても、差異があるものですので、仏具店などでご相談なされるのも百貨店などでご相談なされるのも、よろしいと考えます。
今どき宗教者などは葬儀や法事で読経する人といった感じがありますが、古来から僧侶とは釈迦の教えや、仏教を間違いなく伝わるように、知らせるのが本義なのです。
火葬にあたる仕事をする人は古くから宗教者が人々の中に入り路肩に見捨てられた死体を集め、供養して火葬したことが要因として、お坊さんと呼ばれたのだろう。

葬儀式をなめらかに行うためにはお客様と葬儀社とのコミュニケーションも大切になりますので、聞いても大丈夫と思われることでも、回答します。
尊い人が死んでしまったことを終りを迎えた現実を受け止め故人を想い共に集った親族・友人と、悲しみを分かち合うことで、悲しみは和らぎます。
お葬式セミナーや終活情報セミナーや家族葬ホール見学会などをしているから、何よりもそういうのに伺ってみることをおすすめしております。
子供の頃に母上様を遺失したので祭事は専門外なので、これから教えを乞う血縁者もいないため、十七回忌といっても何を行ったらよいのか分かっていないのです。
この法要は寺院の準備や位牌の手筈など事前準備をする方が多くいて、(いつまでに何をすべきか)入念に察しておく必要が大切です。

子供の頃にお父さんを亡失したから仏事は弱くて、更には問い合わせる親族もいないから、十七回忌といっても何をすればいいのかわからないです。
尚且つ斎場への宿泊が困難とされる場合、地方からの参加者の旅館の準備をしたり、レンタル衣装や身支度など、葬儀では様々な突然の争議が起きます。
ただし近年では火葬式や一日葬・家族葬をご希望する遺族も増えつつありますので最後はお気に入りの場所でと、自宅でと思う方も増えています。
己妻の父母は禅宗でお位牌を預け入れるのですが、当人の暮らす近隣には黄檗宗の本坊が存在しません。
例としてお葬式の式場に関しても大手ホテルの会場が良いという思惑もあれば、寺院の格式高い情景のなかで、お見送りされたいというご家族もおられます。

仏式の時では安置は北枕がベストだとされていますがご遺体の安置の手法についてはキリスト教などの各々の宗教や宗派によって慣習が変わります。
記念コーナーにお邪魔した訪問者の人々が酒好きな○○さんはとにかく飲みました、と喋られていて、奥様は驚かれていました。
気持ちの良いお葬式とはお別れだけに専心出来る葬儀のことでつまることなく無事に葬式を完了することができ、後悔なくサヨナラを行うことが、良い葬儀だと言えそうです。
仏事は度々進行するわけじゃありませんので、認識する葬儀業者がが殆どなくて病院から教えられた葬儀業者に採用する事があり得ます。
交わりのあるお坊さんが承認していない、自らの一家の宗派が不明な方は、さしあたって本家や親類に聞くのが良いでしょう。

家族の希望を表してくれるのは要は業者本意ではない葬儀社だといえますしあんな感じの葬儀社さんは、おそらく、異なる要素も。優秀なはずです。
仏様の遺志に従い身内だけで葬儀を終わらせたところ出棺の儀に参加出来なかった方達が、お参りしたいと頻繁に自宅へ、訪問されています。
古くから地元密着という葬儀社が殆どみたいですが最近ではお客様の声に合わせた葬儀社など、各々の特徴をいかした、葬儀社も増えています。
葬儀は選択肢によってコストやスペックが全然違ってしまうだけに事前に愛媛の、葬儀の概要を知っていれば、悔やむことない、葬儀を執り行うことができます。
別れの時間は皆様方により故人の周りにお好きな花などを供えて、故人との末期の別れを行ってもらい、火葬場へ踏み出します。

動かぬ定義付けがない『家族葬』という用語ですが、重心的に家族や友人、親しい方をメインとしたちょっとの人の葬儀の称して活用しています。
密かにひっそりとした葬儀を考えていながら派手な祭壇や派手な飾り付けを提案されるケースは、葬儀社の考え方針が、そぐわないということです。
亡父に資産があり得ないから財産贈与は関係ない、おいらは何もプレゼントされる気構えはなかったので資産分割は関係ない、と先入観をする者が大抵おられます。
葬儀社というものは葬儀に絶対不可欠な支度を手に入れ葬儀をする役割を、担う仕事を行う組織で、葬式を執り行うお勤め、それに従事する人達の事を言います。
多くの宗教者によって母親は助けられるであろうと言われていて供養を行ったら母は餓鬼の苦しみから逃避でき、これがお盆の起源だと考えられています。

家族葬のイマージュとして世間的には『ご家族だけの祭儀』『遺族と友人だけの祭事』が多くいて、家族葬のフィールドにに関係する印象も別々と言います。

生野区 葬儀社

こういったふうに様に第一の人を亡くされた遺族、に関して、周りの、人間が、金銭面で、バックアップ、して差し上げる。
己妻の老母は禅宗でお位牌を手元に置くのですが、小生の居住地近所には浄土宗の本坊が存在しないのです。
今どきは斎場と言っていますが事実祭祀儀礼を営む場所および、祭祀儀礼をする施設全般を指摘する呼び名であり、通夜・葬儀告別式を行う会場で斎場と称して言うことが多いです。
現実的に参列した人を数人くらいお呼びしていくらくらいの大きさの葬儀を行うことをチョイスしたり、亡くなった人の信仰などを考えて、どのような形の葬儀式を行うかを決定したりしていきます。

私らしい晩期を迎えるために祖父が病や異変で怪我や事件で発表出来なくなっても終生までおじいちゃんの希望を尊敬した治療をします。
坊主と親交がなく葬儀式の時間に葬儀社に宗教者をコネクトして頂くケースは、布施を如何程出金すればいいのかわからないので、ストレスを抱く人も多いと想定されます。
仏式でする時は安置は北枕が良いとしていますがご遺体の安置のルールについてはキリスト教や神式などの、別々の宗教・宗派によって決まりごとが変化します。
葬式と告別式とは従来別のもので仏教のお葬式ならば先ず初めに宗教者による読経などをされ、その次に告別式、主にご家族ご親族が亡くなった人をお見送りする会が、執り行われます。
終活って最後の生涯を『どんな風に生きたいか』と考えられる考えを進行すること、終生の終わりにおいて行動的に用意することで、麗しく暮らす動きです。

終活というのは残りのライフスタイルを『どんな風に生きたいか』といった希望を進行すること、生き方の終焉に向けて行動的に用意することで、素晴らしい暮らす動きです。
以外に会館へ泊まることが簡単ではない場合、遠離からの参列者の旅館の手配をしたり、衣装や美容院など、葬儀では色々と想定外の事柄があります。
一昔前は通夜は故人の近しい人たちが一晩中死者の傍にいてというのが習慣でしたが、今日日は列席者をお呼びして通夜式を行い、2時間程度で終わるのがメインです。
加えてお墓の形状も近頃では多彩で一昔前までは形もほとんど同じでしたが現在では洋風の、お墓が増えているようですし、自由なスタイルにされる人も、多数存在されます。
旧来お通夜に家族代表の儀礼はなかったですが、先ごろではお通夜に参列する方が多く、挨拶される人も多くなったといわれています。

お悔やみコーナーに足を運んだ訪問者の人々が酒が趣味の○○さんはよく召し上がっていたなぁ、と呟いていて、奥様は驚かれていました。
納骨堂は日本各地に建立され各駅から近く便利な寺院や喧騒から距離を置いた、落ち着いた寺まで、候補は多いです。
遺族の希望を映し出してくれるという意味では例を出せばご家族本位である業者だと言い切れますしこういった葬儀社さんは、さぞかし、これ以外の部分も。優れているんではないでしょうか。
二世帯住宅で同居の父が一人でとある日に毎日ふらふらと散歩に出掛けて毎度毎度葬儀・お墓・永代供養などのチラシを貰って帰ってきて内容を楽しそうに説明してくれました。
浄土宗ではいずれの仏様をご本尊様としてもまるごとお釈迦様につながるとした教えだと言われていますが、故人の家で葬式をする場合は、本尊様ということでお軸が用いられたりします。

一例とすれば葬儀の式場一つに関しても見事なホテルの会場がいいと思うこともあれば、寺院の壮大な雰囲気の中で、お別れしたいという方もいらっしゃるようです。
満足できるお葬式を行うためにも何となしでも良いのでこのようなお葬式にして欲しいなぁ、といったとらえ方を、持つことが大切ですからお勧めです。
葬儀をお膳立てする人は遺族の代人者、地域の代表や関連する団体、会社の関係者など、信用の高い人の助言を照らし合わせて進めるのがいいと思います。
民衆的に俺たちは『法事』と言いますが、杓子定規に言うと、坊主にお経を読んで頂くところを「法要」と言い、法要と後席の食事会も合わせた催事を『法事』と呼んでいます。
まだまだ若きときにお父さんを亡くしたから祭事は弱くて、それから相談できる知り合いもいないので、一周忌といっても何をすればいいのかわからないです。

仏の経典を介して普段の障害を除外したり、幸せを祈願する、あるいは、如来を通してご先祖様のお勤めをするのが仏壇のお役目と思います。
自分のことだけ考えて悩みや困惑ばかりの一生を悩みを把握することもなく暮らすという観点から、今の問題に、へこたれない気持ちと想いに、多数おられます。
このところ墓石の製造手法のものすごい向上により形状の自由度が、思い切り躍進し、ご自身の墓石を、個人で設計する事が、出来ることになったわけです。
老人ホームで亡くなったケースでは病院から2~3時間で退去を要請される事態も多く、迎えの車を注文する肝心です。
火葬にあたる職業の人は昭和から坊主が人々の中に入り込み道端に見捨てられた遺体を集め、慰霊して火葬したことがきっかけとして、『オン坊』と称されるようになったのだろう。

ご遺族と定められた人々のみを招待して、お別れする、セレモニーを、「家族葬」と言われるようになり、ここ何年かで、身近になって、こられたようです。

生野区 葬儀社

昔は家族の方の手で進行することが平均だったゼネラルだった遺品処理ですが、追いまくられたり、遺品整理する場所が遠距離だったり、遺族では行えないのが現状です。
家族葬には明らかな本義はなく親族を重点的に、地域の方など故人と結びつきのある人が集まりお別れするほんの少しのお葬式を指して言うことが多いそうです。
喪主となるのは縁者の葬儀妻のお葬式愛息の葬儀ぐらいのもので、親のお葬式も三男なのでやることはないし、息子の葬儀も先立つと喪主をすることがありません。
仏の気持ちを受けて親族だけで葬式を終わらせたところ当日葬儀に参加出来なかった方々が、手を合わせに頻繁に自宅へ、訪問されています。

尚且つ万が一のケースは前から相談を、されていた葬儀屋に葬儀を託すことができますので、現実にといった時にも平穏に処理することが難しくありません。
ひとり親に私財がありませんので贈与は関わりない、あたしは何も譲られる腹構えはあり得ないので財産贈与は関係ない、と錯覚をする輩が大抵おられます。
終活というのは残りのライフスタイルを『どういった具合に生きたいか』と言われる思惑を形にしていくこと、余生の終焉に向かってアグレッシブに準備することで、良好な生きる活動です。
通常であれば亡くなった人に付加される呼び名ではなく、仏道修行を実行した、出家者に伝授したんですが、現在では、所定の儀式などを、参加した一般の人にも、授けられることになっています。
一日葬とは本来は前夜に通夜式を行い、翌日に葬儀と二日またぎで執り行われる葬儀式を、通夜を執り行わない一日で終止する葬式の流れです。

そもそもお通夜に遺族の挨拶はないのですが、j今日日は通夜に参列者が多くなり、謝辞を述べる方も多くなったといわれています。
哀悼コーナーに足を運んだ訪問者の人々が○○さんは酒好きで十分飲んでいたなぁ、と話をされていて、ご遺族はビックリされていた。
昔から地元密着という葬儀業者がほとんどだったようですが昨今は花祭壇が上手な葬儀業者など、オリジナリティをいかした、葬儀会社もいます。
病院で亡くなったケースだと数時間以内に葬儀社を探しだしさらに当日に2~3か月分の給料と同額の、購入をしなければいけません。
葬儀は各プランによってコストや内容が非常に差異が出るだけに事前に名古屋の、葬儀の事情を知っていれば、外れと感じない、葬式を行うことが可能です。

自責の念に駆られない葬式だと思うためにも明確でなくても良いのでこういう感じの葬儀にしたいなぁ、といった感覚を、持つことが大切ですからお勧めです。
多数の宗教者の力を活かし母親は助けられるであろうと言われていてお参りしたところ母親は餓鬼の苦しみから逃避でき、これがお盆の起源だと考えられています。
肉親に家財がないから単独相続は関係ない、あたしは何も頂く下心はないゆえに分割相続は関係ない、と取り違えをされる当事者が数多くおられるそうです。
徹底して参列した人を何名ほどかに声をかけてどんだけのスケールの葬式を行うのかを決めたり、故人の希望を考えて、どのような形の葬儀式を行うかを決めたりします。
宗教者と交流がなく通夜の場合に葬儀屋に寺院を斡旋して頂く場合は、お布施の金額はどんだけ持っていけばいいのか理解していないので、戦慄を抱え込む方も多いようです。

素敵な葬儀とはお別れだけに専心出来る葬儀のことで戸惑うことなく無事に葬儀告別式を終えることができ、最終のお見送りが出来ることが、良い葬儀と感じられます。
ただし近年では火葬式や家族葬を希望するご家族も増加してきましたので最後の時は一番好きな場所でと、自宅を選ばれる方も多くなりました。
後飾りは葬式を終え片付けた後にこれらの遺影・遺骨・位牌などを法要まで自宅で安置してお参りするための祭壇を後飾り壇と言います。
お葬式にこだわりなんかといったような驚きだと思うかもしれないけれどお葬式を想定する上ではどういうところを優先するべきか、ということだと思います。
家族葬にはブレない思想はなく家族を主体に、付き合いの深い人など故人とつながりがある人が寄合い見送るほんの少しのお葬式を指して言うことが多いといわれています。