コンテンツへスキップ

通常こちら側は『法事』と言いますが、綿密に言うと、坊主に仏典をあげてもらう点を「法要」と言っており、法要と精進落としも合わせた祭事を『法事』と指します。
ご自身の葬儀や葬送の進行について生前から決めておく事を念願する方家族と相談したりエンディングノートに書き残した人もいます。
お葬式は寺院の僧侶が授戒(戒律を授けること)と引導(仏様を彼岸に導くこと)を行う仏事で、鉄則では家族のみが参加されていたようです。
素晴らしい葬儀とはお見送りだけに専念できる葬儀のことで円滑に葬儀を完遂でき、きちんとサヨナラすることが、良い葬儀だと思えます。
いかに他人から聞いたような書籍に書いてあるみたいなここが一番とされる場所にしてもいつも手を合わせられない、みたいな位置では、無駄なのです効果がないと思われます。

その昔は通夜は故人と仲の良い人が夜の目も寝ずに死者の傍にいてことが慣習でしたが、近来は参加者を参会してお通夜を実施し、2時間程度で終焉するのがメインです。
今まで家族の方の手で実施することが普通だった平均だった遺品処理ですが、追いまくられたり、遺品整理する場所が遠距離だったり、遺族の力では賄えないのが現状です。
具体的にいうと葬儀式場ひとつにしても最高級ホテルの大会場がいいという要望もあれば、お寺の格式ある情景の中で、お別れがしたいという人もいるでしょう。
病室で死んだケースでは霊安室からいち早く退去を要求される事も多く、お迎えの霊柩車を準備する入用です。
斎場って言葉は本来古来神道の言葉遣いで儀典・典礼を行う場所を指しましたが、昨今では、転じて重点的に葬儀式を執り行うことが可能な施設を指します。

別途葬儀会場への宿泊が困難とされる場合、遠隔地からの列席者のホテルの予約をとったり、レンタル衣装や着付けなど、葬儀式では何かと偶発的なごたごたがあります。
母親に資金がございませんので進呈は関わりない、吾輩は何も引き継ぐ腹構えはあり得ないので分割相続は関係ない、と幻影をしている家族が全般に存在します。
満中陰法要の際とは違い日がたっても残る品で大丈夫だと考えますし地域の慣習等によっても、違いがあるもので、百貨店などでご相談なされるのも仏具店などでご相談されるのも、良いでしょう。
火葬に従事する職業は大正から僧侶が民間の中に入り道の隅に放置された遺体を集め、お参りして火葬したことが始まりとして、『オン坊』と称されたのだろう。
ご本人・家族勤め先ご近所での活動・ご友人・趣味の活動などをチェックし相応しいアドバイスと、最適な葬式プランを、お勧めいたします。

生野区 葬儀

病院でお亡くなりになったケースだと2~3時間で葬儀社を探しその上その日のうちに2~3か月分の収入と同じ金額の、買い物をする必要が出てきます。
私共が喪主となるのは血族の葬儀奥さんの葬儀子供の葬儀式ぐらいで、親のお葬式も兄がいるのでならないし、息子の葬儀式も先に死ぬと喪主にはなりません。
一家代表者は通夜・葬儀・告別式の実務的な面での責任者となり広範の役割としてはご列席者への挨拶、をします。
家族葬儀の感じとして自分は『家族の葬式』『遺族と友人だけの葬儀』が過半数で家族葬のフィールドにに関わる解釈も一つ一つのようです。
家族葬には確かな認識はなく親族を重点的に、関係者など故人と縁の深い方が揃ってお別れするほんの少しの葬式を言うことが多いそうです。

自己中心的になって苦しみ多き生涯を苦しみや悩みとも認識せずに暮らすケースから、今の困惑に、負けないという意図に、増加傾向にあります。
自発的に記した遺言ノートも在りかを共通して認識がなければ無内容なので、信じられる人に伝えましょう。
気持ちの強い方と過ごした価値ある時間が真摯に受けとめ個人をお参りし集合した親族や友人と、悲しみを分かち合うことで、深い悲しみを癒してくれます。
それに加えてお墓の外観も今では色々と存在し一昔前までは形もほとんど同じでしたが最近は和風洋風色々な、墓石が増加中ですし、自由なスタイルにされる人も、多くなっています。
お葬式にこだわりといったような予想外に感じると思いますがお葬式を想定する上ではどういうところを優先するべきか、という意味だと考えます。

肉親に資産があり得ないから金分相続は関係ない、こちとら何も引き継ぐ所存はないので金分相続は関係ない、と間違いをしている人が全般に存在します。
四十九日法要の時とは異なり日がたっても残る品で大丈夫だと考えますし地域地区の風習等によっても、開きがありますので、百貨店などでご相談してみるのも百貨店などでご相談なされるのも、いいと考えます。
今までは墓園というとうら寂しい概念がしましたが、この頃は公園墓地等の陽気な墓園が本流です。
今どき宗教者などは葬式や法要でお経を読む人という感じが強いですが、以前から仏教者とはお釈迦様の経典や、仏教などを原則的にわかるように、言葉にするのが勤務なのです。
家族葬は幾たびも実施することだとはないので、知っている葬儀業者がが少なくて病院が仲介した葬儀屋にお願いする事が多々あります。

もしもお葬式の式場に関しても最高のホテルの式場がいいという要望もあれば、お寺の素晴らしい雰囲気の中で、お別れしたいと希望される家族もいらっしゃいます。
火葬に相当する職業者は古い時代から坊主が人々の中に入り込み路肩に捨てられた遺体を集め、供養して火葬したことに始まり、お坊さんと呼ばれたのだろう。
損のない葬式だったと思えるためにもなんとなくでも問題ないのでこんなお葬式がいいなぁ、といったとらえ方を、持つことを勧めます。
わたくしらしい往生を迎えるために祖母が健康を害したり不具合で衰えたり災害で明言出来なくなってもラストまで祖母の考えをあがめた治療をするでしょう。
死者の気持ちを受けて身内だけで葬式を終わらせたところ当日葬儀に参列できなかった人が、手を合わせたいとちょくちょく自宅へ、訪れてくださいます。

仮に他人から聞いたような本に書いてあるかのようなこの部分が良いとされる場所にしても日々手を合わせられない、みたいなエリアでは、無意味でしょう無意味なのです。
院内で死んだケースでは霊安室から2~3時間で退去する事を求められる事も多く、送迎車を依頼する必需です。
祭祀はお寺の仏教者による授戒(仏入る人に戒律を授ける)と引導(亡くなった人を彼岸に導くこと)を行う宗教式で、原則的には遺族のみが列席していました。
先だってはお通夜・告別式を実行しない直で火葬場でご遺体を納骨を実施する『直葬』を執行する家族が増加中です。
家族葬を想像して大衆的には『遺族の葬式』『家族と友人だけの祭事』が多くいて、家族葬儀の境界にに相関する同感も様々と言われています。

葬儀社と言われているものは葬儀になくてはならない準備を貰い葬式を執り行う役回りを、負担する仕事を行う組織で、葬儀を行う商売や、その件に就業する人の事を指します。
当事者・家族・仕事先近隣の方・友人・趣味の範囲をこまかく調べ適した助言と、家族葬のプランを、ご説明します。
納骨堂は色々な場所に建立され駅に近くて便利なお寺や都内から離れた、静かな寺まで、選択肢はたくさんあります。
終活って老後のライフスタイルを『どんな風に生きたいか』と言われる望みを進行すること、生涯の終わりに向かって挑戦的に予定することで、満足する生きる活動です。
浄土真宗ではいずれの菩薩をご本尊様としてもどれもこれも仏に関係すると考えた経典だと思いますが、往生人宅でお葬式をするときは、本尊様としてお軸が用いられたりします。

生野区 葬式

それに加えお墓の形状も近頃では多彩でこれまでは決まった形が多かったですが昨今は洋風化された、墓石が増加傾向にあるようですし、自由な形にする方も、多数存在されます。
臨済宗のお寺などにお詣りした体験のある方ならば承知だと思いますが、お寺に入ると、奥のお釈迦を鎮座されている佛座やお坊さんが拝み入るための壇が造られています。
何がしかの葬儀を執り行うならばやはり一定レベル以上に必要になりますが、色んなプランニングで、おおよそ100万円は、減額することが出来ると言えます。
葬式のパターンや行うべき部分は葬儀社がアドバイスしてくれますし喪主のお礼の言葉も定型文が用意されていますので、そこに少々家族のエピソードなどを加えて話せばいいのです。
古くから地域密着という業者がたくさんですがここ数年はご家族の思いを大事にする業者など、個性をいかした、葬儀業者も多数あります。

宗教者と交流がなく通夜の時に業者に寺院をコネクトして頂くケースは、お布施はどれくらい手渡せばいいのか定かではないので、疑念を抱く人間も多いといわれています。
故人を弔い葬り去る席が故人を横に置いての家族の醜い財産争いの場になり弔っているのはいったい誰なのだろうか、という感覚が今も未だ残っている。
葬式と告別式とは元来別のもので仏教のお葬式であれば初めに僧侶による読経などがなされて、そして告別式、主にご家族ご親族が故人とお別れする会が、執り行われています。
ズバリと通念がない『家族葬』という類語ですが、主要な遺族・親族・友人たちを軸とした少人数での葬儀式の題して使用しています。
ご自身の葬儀や葬送のやり方について今のうちに決めておく事を望む方奥様と相談したりエンディングノートに書き残した人もいます。

子供や兄弟姉妹への想いを知らせるノートとして、この上己のための記憶片付けメモとして、世代を問わず気楽に筆を進める事が可能な、生きる中でも効果的な帳面です。
交流のある僧侶が認識がない、自らの主家の宗旨宗派が記憶がない方は、はじめに親類や従妹に聞くのが良いでしょう。
ご家族の要望を映し出してくれるのは別の言い方をすればご家族本位である葬儀業者に違いありませんしこういった葬儀屋さんは、往々にして、異なる要素も。優れたはずです。
従来遺族の人で執り行うことが平均だった平均だった遺品処理ですが、バタバタしたり、遺品整理する家が辺ぴだったり、遺族の力では賄えないのが現状です。
親御さんに至宝があり得ないから資産分割は関係ない、おいらは何も預かるつもりがござらんので金分相続は関係ない、とはき違えをしている人が多数いると言われています。

現代では通夜式・告別式を行わず直で火葬場で荼毘を納骨をやる『直葬』を仕切る家族が増加中です。
更に想像していない際には生前に打ち合わせを、されていた葬儀屋に葬儀をお願いすることが出来るから、現実にといった時にも徐々に処する事が可能になるのです。
祭祀は幾度と実施することだとは言えないので、把握している葬儀屋ががなくて病院が言ってくれた葬儀社に用いる事が普通です。
長い年数使用していた仏壇にはキズや汚れの固着木地の傷み金具の錆、彫刻の欠け金箔のめくれ、等により、見た目が悪くなります。
お寺と関わることがなく葬儀の時間に葬儀の担当者に僧侶を仲介して頂くケースは、お布施は幾らくらい手渡せばいいのかはかりかねるので、危惧の念を抱え込む人も多いみたいです。

一般参加者はご家族の背後に座り到着された方からご家族の背中側に座って、いただければ、すいすいと案内できます。
自己のことだけベースにして苦しみや迷いばかりの生活を苦しみとも戸惑いとも気付かずに生活するという事実から、今の不安に、へこたれないという感じに、増加中です。
大切な人の危篤を医者から報告されて、血縁者や自分が会いたい人に、素早くお知らせするのが一番です。
葬式は候補によってコストやスペックが非常に違ってくるだけに事前に奈良の、葬式の内情を把握しておけば、失敗と思わない、葬儀をすることができます。
奥さんの親族は黄檗宗で位牌を手元に置くのですが、当人の住んでいる周辺には浄土真宗の僧院がないはずです。

自発的に執筆した遺言ノートも在りかを誰一人認識がなければ価値がないので、信じる人間に言っておきましょう。
多数の坊主によって母は救われると言われ供養したら母親は餓鬼の苦しみから逃避でき、これがお盆の起源だと考えられています。
いかに人から聞いたような書籍に書いてあるみたいなここのところが良いとされる場所にしても日ごろからお参りできない、といったスペースでは、無意味だと考えられます無意味だと思います。
家族の希望を表してくれるのは別の言い方では業者本意ではない業者だと言い切れますしこういった葬儀屋さんは、間違いなく、よその要素も。秀でていると思われます。
穏やかにこじんまりと葬儀を検討しているのにゴージャスな飾り付けや高価な祭壇を推奨される場合は、葬儀社の方針が、あっていないということです。

亡き人の気持ちを受け親族だけで葬式をし終えたところ出棺の儀に参列出来なかった方々が、手を合わせたいとちょくちょく自宅へ、くるようになった。
葬儀と告別式とは元来別で仏教のお見送りの儀式では初めに僧侶による読経など実施し、その次に告別式、主に喪主・家族が故人とお別れする会が、開催されます。
ご家族の要望を反映して貰えるのは別の言い方では業者本意ではない葬儀社だと断言できますしそのような葬儀屋さんは、さぞかし、よその要素も。優秀なはずです。
四十九日法要の時とは全く違って後々に残存するもので大丈夫だと考えますし住んでいる場所の風習等によっても、バラツキがあるもので、百貨店などでご相談なされるのも百貨店などでご相談してみるのも、いいと思います。
葬式は候補によって金額やスペックが大きく変わってしまうだけに事前に福岡の、葬儀の概要を知っていれば、悔やむことない、葬儀を執り行えます。

先祖代々に関する供養ですから遺族たちで行う方が、良いのですが、各々の理由で、実践できない時には、僧侶に連絡を取り、卒塔婆を立てるご供養に限り、お任せする事もあります。
そこそこの葬儀を行うならばさしあたって相当に請求されますが、色んな算段で、100万円くらいざっくりと、減らすことができそうです。
家族葬には明らかな体系はなく遺族を集中的に、付き合いの深い人など故人と繋がりの堅い方が集まり決別する特定数の葬儀を指すことが多い感じです。
気持ちの強い方と過ごした価値ある時間が現実として認め重要な人がこの世からいなくなったことを意識した上で亡くなった人の例を供養し参加した親族友人と、その悲しみの共感する事で、グリーフケアにつながります。
ご家族・親戚と特有の人限定で招待して、さよならが出来る、式事を、「家族葬」というようになり、今日この頃では、定番になって、いらしたそうです。

ひところはお通夜は故人と親しい人たちが日が昇るまで仏の傍にいてというのが習慣でしたが、先刻は参加者を参じてお通夜を実施し、2時間程度で終わるのが一般です。
関係のある僧が覚えがない、個人の尊家の宗旨宗派が認識がない方は、最初は本家や親類に伺うといいですよ。
保養所で逝去されたケースでは霊安室から2時間程度で移動する事を求められるケースも多々あり、迎えるための車を支度する絶対です。
一日葬とは昔は前日に通夜の法要を執り行い、余日に葬儀・告別式と二日またいで実施される葬儀式を、通夜を仕切らない一日で完工する葬儀式形態です。
ほかにも斎場へ泊まることがたやすくないとき、地方からの列席者の旅館の準備をしたり、レンタル衣装や美容院など、葬儀式では色々と急遽としたトラブルが起こります。

しかし今の時代は火葬のみとか家族葬を選択する遺族も多くなったので終の時間は想い出の場所でと、自宅を選択する方も多いようです。
一日葬とは古来は前日に通夜式の祭事をし、翌日に葬儀・告別式と二日間行われるお葬式を、通夜をしないで一日で達する葬儀式形態です。
尊い方と過ごした価値ある時間が認めた上で故人を祀り集結した親族や友達と、感じあうことが、グリーフケアにつながります。
何がしかの葬儀をするのであればどうしても一定以上に請求されると思いますが、様々なプランによって、概略100万は、減額することが出来ると言えます。
自分のままに往生を迎えるために父が病気や障害で怪我や事件で発表出来なくなっても終生まで祖父の心情を尊敬した治療をします。

祭祀からさまざまな手続き身の回りに懸かるサポートまでみんな取入れさせていただいているほかご遺族のメンタルの心配りにも、対応しております 。
重要な人のご危篤を医者から報告されたら、血縁者や本人が会いたがってる人間に、いち早く報告しましょう。
鮮魚や野菜とはかけ離れていてシーズンのあるものとは異なり何にも目を通さないでなんだかんだと考え込むより、この様に実物を見て、自分の好きなカラーや、石肌石目を発見してみましょう。
長い期間使用されてきた仏壇にはキズやシミのへばり付き木地の腐食金具の腐食、彫刻の損傷金箔のめくれ、により、見た感じが低下します。
四十九日法要の時とは違って時間がたっても残るもので結構だと思いますしその場所の慣わし等によっても、違うものですので、百貨店などでご相談なされるのも仏具店などでお問い合わせしてみるのも、いいと考えます。

保養所で死んだケースでは病院から数時間以内に退去を要求されるケースも多く、お迎えのための車を依頼する肝心です。
『終活』と言うのは見たまま渡世の終わる方法論であり、ダイヤモンドライフを更に得するすべくその前に手回ししていようというような取り組みのことです。
親類と定められた人達のみをお招きして、見送る、お葬式を、「家族葬」と見られるようになり、ここにきて、身近になって、きたらしいです。
それから万が一のケースは生前に相談を、行っていた葬儀会社に葬式をお願いすることができますので、現実にといった時にもゆっくりと適応する事ができると思います。
満中陰法要の忌明けまで用いることが当たり前にてお通夜とか葬儀告別式に参加出来なかった友人・知人が、お線香をあげに来られた場合には、ここでお線香をあげていただきます。

満中陰の忌明けまで役立てることが当たり前にて通夜や葬儀式に参列出来なかった友や知り合いが、弔問に来た際には、ここでお参り供養してもらいます。
お仏壇とは考えられるように仏様つまり如来様を手を合わせる壇の事でその事に加え近年では、死亡された肉親や、ご先祖を祀る場所と言う考え方が、常識になってきました。
ご家族と限りのある皆さんをお招きして、お別れが出来る、式事を、「家族葬」と指すようになり、この頃、定番になって、きたらしいです。
時宗ではいずれの菩薩をご本尊様と考えてもまるごと仏に通用するとする教えだと言われていますが、死亡者宅で葬儀式をする際は、ご本尊様としてお軸を使う時があります。
無宗教のお別れの会は縛りがないのに反し一定のシナリオを構築する、こともあり、ご要望や想いをもとに、お見送りの会を作り上げる、進行が多くみられます。

現代では通夜式・告別式を遂行しない直接火葬場で仏を納骨する『直葬』を実施する喪家が増加しています。
家族葬には正しい概念はなく遺族を集中的に、付き合いの深い人など故人と良いご縁の人が寄合い見送る多少の葬儀式を指すことがだいたいですね。
この祭祀はお寺の準備や位牌の手続きなど事前準備をしておくことが多いので、(いつまでに何をするのか)きちんとつかんでおく必要が大事です。
死者の家のすっきり汚れ落とし、屑の廃棄処分などの遺品生理は、古来世帯の方の仕切るというのが全体的でした。
仏様は釣りが趣味だったという話を聞いていたから釣りが趣味の旦那さまのために海の構想で祭壇を、ご提案させていただきました。

亡くなった人の気持ちを受け親族のみで葬式を済ませたところ当日葬儀に故人をしのび故人に手を合わせ、お参りしたいと頻繁に自宅へ、訪れてくださいます。
葬儀式を順調に行うためにはお客様と葬儀社との非常に大切になりますので細かく思われることでも、お問い合わせください。
後飾り祭壇は葬式を終え葬儀の祭壇を片付けた後に遺影・遺骨・ご位牌とかを四十九日の法事まで自宅に安置しているための祭壇です。
私共が喪主となるのは両親の葬儀主人の葬儀子供の葬儀式ぐらいで、父の葬儀も三男なので引き受けないし、娘の葬儀も先立つので喪主はしません。
四十九日法要の時とは全く違って日がたっても残存するもので大丈夫でしょうし住んでいる場所の風習等によっても、開きがありますので、デパートなどでお問い合わせされるのも百貨店などでお問い合わせされるのも、いいでしょう。

往生者は釣りが趣味のご主人の話を知っていたので釣り好きの旦那さまのために祭壇を海に見立てて、プランニングさせていただきました。
終活セミナーや葬儀勉強会や葬儀式典見学会などを行っているはずですから、何よりもそういうのに伺ってみることを助言しています。
葬儀と告別式とは元来分けて行うもので仏教のお葬式ならば最初に坊主による読経など実施し、それ以降告別式、主にご家族ご親族が亡くなった人をお見送りする会が、開催されます。
大切な家族の危篤を医師から宣告されたら、血縁者や自分が会いたい人に、先ずは連絡しましょう。
家族葬儀の具体的イメージとして自分は『遺族だけの葬儀式』『家族と友人だけの葬式』が多くいるようで、家族葬の領域にに連携する認知も様々と言われています。

一般的に葬儀会場ひとつとっても大手ホテルの会場が憧れだということもあれば、寺院の素晴らしい情景の中で、お見送りを希望する家族もおられると思います。
後飾り祭壇は葬式を終え白木祭壇をしまった後に遺影写真・遺骨・位牌というものを満中陰法要まで安置しておくための祭壇のことを指します。
納得のいく葬式だったと思えるためにもなんとなくでも良いのでこのようなお葬式にして欲しいなぁ、といったとらえ方を、持つことが大切ですからお勧めです。
自分メインに考えて苦しみ迷い多き生涯を悩みを把握することもなく生活するケースから、このような悩みに、くじけないという思いに、多く見受けられます。
疑いない説明がない『家族葬』というタイトルですが、本に家族や友人、親しい方をまとめ役としたわずかな人での葬儀の呼び名として常用しています。

今まで親族の手で実施することが平均だった普通だった遺品整理ですが、せわしかったり、遺品整理する家が遠地だったり、近親者ではできないのが問題です。
妻や大切な人への気持ちを伝言する帳面として、また本人のための検討集約帳面として、歳を問わずのんきに綴ることが出来る、育む中でも助けになるノートです。
セレモニー会場から弔辞をお願いしたい人になるまで、希求すれば細かなことまで清書する事が出来るのがリビングウイルの価値だとも言われています。
たくさんの方はお葬式を行った経験がないのでお金はどの位かかるのか不安葬儀屋さんに連絡する前に世間一般の知識を知りたい、と心配される方がほとんどだそうです。
仏像や彫る方についての多種多様なデータが記載されており仏像の見識仏像の彫り方、有名仏師掲載、種類や所得方法、仏像とは?魅力は?いろいろあります。

生野区 葬儀

後飾りは葬儀式が終了して白木祭壇をしまった後に遺影・遺骨・位牌と考えられるものを自宅で法要まで安置してお祀りするための祭壇のことを後飾りと言います。
お仏壇とはイメージ通り仏様簡単にいうと如来様をお勤めする壇の事を言い加えて今日この頃は、亡くなった身内や、ご先祖を祀る場所と言う考え方が、常識的になりつつあります。
妻や家族への想いを言付けするノートとして、そして自身のための考え片付けノートとして、年齢を気にせずサラリと書き込む事が期待出来る、生計の中でも有効な手記です。
死没者の生前からの考えを受けて身内だけで葬儀を終わらせたところ葬儀告別式に参加することが無理だった人が、お参りに足しげく我が家に、きてくれます。
同居中の父がある時から独りでおもむろに出掛けてコンスタントにお葬式やお墓関連のパンフレットを集めて帰ってきて楽しそうに話を聞かせてくれました。

ご先祖様に向けての供養となっているので家族で行った方が、良いに決まってますが、それぞれの理由で、する事が無理な時には、僧侶に連絡を取り、卒塔婆を立てるご供養に限り、申請する事もあります。
ここにきて墓石の加工制作技術の大きな向上により設計の柔軟度が、思い切り躍進し、ご自身のお墓を、自ら構想する事が、出来ると言うことになったわけなのです。
最澄の教えを仲立ちして平常のトラブルを処置したり、幸せを夢見る、または、菩薩を通してご先祖様の供養をするのが仏壇の役割だと思います。
終活と言われるのは残りの暮らしを『どういう風に生きていきたいか』と言われる希望を形式にすること、シンプルライフの終焉に対してアクティブに手筈することで、役立つ生きていく行動です。
ズバリと規定がない『家族葬』というタイトルですが、重心的に家族や友人、親しい方をメインとした少数での葬式の美称として使用されています。

ひところは墓というと陰鬱な思案がしたと思いますが、昨今は公園墓地といった陽気なお墓が基幹です。
仏像や仏師にわたる多種多様な見識が記されており仏像の見識仏像の彫り方、名高い仏師掲載、仏像のシリーズ、購入の方法、魅力はどこにあるのかなど多々あります。
家族代表者は葬儀の実務的なところの窓口となり広範の役目としてはご参加いただいた方への挨拶、などがございます。
葬儀式は寺院の宗教者による授戒(仏門に入る人に戒律を授けること)と引導(仏様を彼岸に導くこと)を行う佛式で、一般的には遺族のみが列席していました。
他にも不測の事態のケースでは生前に話を、されていた葬儀社に葬儀を託すことが出来てしまうので、現実にといった時にも安らかに対処することが出来るのです。